打解用の棒を作って野草で紙漉実験・竹

 その辺の山で腐りかけた竹を少々集めておいたのを、
とにかくアルカリ(灰を入れたお湯)でグツグツ煮てみた。
1時間くらいかなぁ=
カセットコンロ、不経済。早くロケットストーブ!
まぁ、ともかく、詳しく調べると、
竹繊維取り出すのは多大な苦労が必要との事。
とにかく気長に待てないワタシ。

 少しほぐれそうな所を取り出して、
あく抜きも省略、ともかく叩いてみる!!
長須戻ってきて、すぐさま
裏から拾ってきて削った打解用の木。
使いやすさは良いのだけど・・・
やっぱり竹繊維、丈夫なり。
どうも、まだまだ煮らんといかんようだ。
次はもっとやらかそうな植物で実験する!

コメント