竹野の花火大会とロジナリエ・ウミナリエ

 少し前になるけど・・今年2度目の花火大会、
豊岡「竹野の花火大会」へ行ってきた。

そもそも私が担当しているラジオFMYYの番組、
7月1日(月)ゲストとして出演していただいた
まちづくりコーディネーターの中井豊さんに
誘っていただいたからだ。
・番組詳細
http://rugoafm.blogspot.jp/2013/07/1_26.html

中井さんは数年前から竹野でコーディネーターをされていて、
その前は20年近く生野で活動されていた。
生野のまちづくり活動も大変おもしろい。またの機会に・・

竹野ではまちづくりの一環として流木と和紙で作る
「灯りづくり」をみなさんでされていて、
これはイベント事に各自お家の前に作った行灯を
並べ、古い情緒ある町並みの路地をほんわか
彩る「ロジナリエ」として楽しまれている。

そこで、長須でこれから紙漉事業を始め、
和紙作りに取り組み始めた私に、
「作った和紙で竹野とコラボできるとおもしろい」
と中井さんより提案を受け、「ロジナリエ」視察も兼ねて
竹野にお邪魔してきた。


























 竹野の町並みは、良い具合の狭い路地があって、
「程良さ」が落ち着く町だなぁ、と感じた。
そこに、手作りのひとつひとつ表情が違う
「灯り」が並び、うまくとけ込んでいる。
灯りの数がとても多くて、参加されてる住民の方も
たくさんいる事がうかがえた。
当日も、おっちゃんたちが灯りに異常がないか、
うまく灯っているか心配しながらも、
見守っている様子がすごく良かった。

中井さんは「住んでる人が楽しめる」まちづくりを
提案しじっくり進められている。
外からの勢いも必要な事もあるだろうけど、
私に必要なのは「ゆっくりじっくり」進める事かな。



コメント