竹野浜灯りワークショップ・その2


十代女子3人に囲まれてスヤスヤ睡眠。
目覚めた時には朝日は見られなかったけど、
ひとまず竹野浜海岸へお散歩。






爽やかな朝の空気とは裏腹に。
ぎょぎょぎょ===!+?
ビックリして思わず連れて帰ってしまった・・
この子はいったい何でしょう??
答えは最後に!!

 さすが芸工生、みんなあの手この手で
作るのに真剣、気迫あります。

お昼にはワタシが通う神戸・長田の
コミュニティラジオ局「FMわぃわぃ」の
千秋さんが担当される番組で15分ほど
スカイプ生中継をしました!
電波もとぎれることなく、どうにか
ワークショップの雰囲気や竹野浜の様子を
お伝えできたかなぁ〜と思います。

 いよいよ大詰め!ますますみんな無口に・・
ワタシのお隣でサクサク製作していた「卓ちゃん」
上海から留学せいとして芸工へ、日本に来て
2年半くらいになるそう。すっごく日本語も上手!
しかもかわい====☆
やっぱり、こういう交流楽しいな!

 夕方ビックリするような大雨に風!!
も、6時半頃には収まり、なんとか小雨で
作品を外へ連れ出した!



 前にも述べましたが、ワタシの作品は
「和紙」にこだわって、流木╳和紙の作品になりました。
使った和紙にはすべて「こんにゃく糊」を引き、
耐久性と耐水性を少し加えた。
(本当は数回塗って乾かすのを繰り返すのだけど、
 時間なく、薄めの効果かな・・・)
イメージは?? まずは和紙のこよりを織って
「紙布」を作っていたのをしたくて、裂いて
こよりを作り始め、だんだん布まで作る時間がない
と思い始め、和紙の良さをそのまま使う、
何となくがっちり和紙を貼ってしまわずに、
風で揺れるくらいが良いなと思い、
コヨリの先にヒラヒラ和紙をひっつけた。


 2階の入り口から出せない大型作品、
「北前船」を窓からおろしています!!
イザ、出航=☆







頭のてっぺんには紙のボンボン。
だんだん見ているうちに、海底
珊瑚礁に見えてきた。
ボンボンはイソギンチャク。
ひらひら海藻や魚がうごめく。
そんな風に見えたかと思うと、
暗くなってライトが灯ると、
ミナレット、そう、ワタシの大好きな大好きな
「サグラダファミリア」のミナレットにも
見えてしまう。まぁ、要するに何でも良い。
見た人が見たいと思った物で良い。











 みーんなそれぞれ、本当にそれぞれ
個性があって、工夫があって、ステキな
モノヅクリの会だった。
最後に仲良くしてくれた留学生の卓ちゃんと
右は台湾から交換留学生で来ているララちゃん!
ララちゃんも日本語上手で、すっごくこだわり派!
竹で素晴らしい作品を作っていました。
一緒に製作できて、みんなありがとう!!
また竹野に、但馬に遊びにきてね☆


その後。。。
毎日のように雨が降り、所によっては
避難勧告や警報が出ているくらい。
はたしてあの、作品たちどうなっただろう。
特にワタシの和紙は裸になってるかも・・・
また直しに行きます!

そして。。。。クイズの答え!
調べたところ、何と!初めて見る
モンゴウイカ!!!!でっかい==☆
こんなの砂浜に落ちてるって・・・
日本海豊かすぎる=!
ともかく、好奇心と責任感で美味しくいただきました!
(カエデちゃんにもおみやげだったんだけど、
 お腹痛くなると困るので、一口・・)
しっかりイカさんでしたよ☆ 
うれしいなぁ=♪




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コメント