春の星座満開

ちょっと息抜き。
長須の朝晩はまだまだ寒い。
そしてここ数日の快晴で星がすごくキレイ。
できるだけ紙処には歩いて通っていて、
夜中、歩いて帰ってくると、自然と星を眺める。

まず北東のソラ。
北斗七星から南向きに繋がる「うしかい座」
このオシッポが「春の大三角形」かつ
「春の大曲線」の一つがある。
右下に「かんむり座」
そしてその下、東の空に「ヘラクレス座」
本を見たり、カメラの準備をしたり
そうこうしている間にソラは西に動き、
東の空に夏の星座「こと座」と「はくちょう座」が
登ってきた。
夏の大三角形のうち2点。

チラッと見える「ケフェウス座」は
たしか秋の星座でならったなぁ〜
数年前にポートアイランドの青少年科学館で
秋の星座を習ってから、本も買って、
写真も撮るようになって、だんだん星座が
わかるようになってきた。たのしい。

さて南のソラ。
はじめ土星がわからなくて、
アレ?本と形が違う。。??ウン?
さすが「惑星」。
その下には「さそり座」ワタシの星座。
あー夏だなぁ〜、なんて思っていると
きたきた「アンタレス」
なんかよくわからんけど、
やっぱり自分の星座は気持ちが移る。
カッコイイ。


さらに西に目を移すと「カラス座」
結構4点とも明るくてよくわかる。
なんでカラスなの??
カラス、実は好き。
でもトンビをいつも2匹で追っかけて
いじめてるのみたら石投げたくなる。
うーん。。。カラス。
と、北西のソラ、まるさんちの屋根に
沈みかけた「しし座」。
このオシッポも「春の大三角形」。
今はまだ西洋の星座でしか見られてないけど、
いつか「スターナビゲーション」
石川さんが身につけたあの「星の航海術」を
ワタシも学びたい。

コメント