ちかごろのながす紙漉

「紙漉」
本当は毎日でも漉いていたいんだけど。

ほんのちょっとした時間のスキマに
カードなど作ってみる。
ミエコさんからいただいた「ながすの押し花」
手紙もゆっくり書きたい。





 今のメインは「ながす灯籠」づくり。
女性陣が中心となって、骨組みも作り
先日の大体験会で漉いた紙を使い、
それぞれに絵や文字を書いてもらう。

お盆には華やかに賑やかに長須の村を彩る。

作った紙でみんなと作業する時間が幸せ。
明日から新潟・柏崎へ、門出和紙でおこなわれる
「手漉き和紙青年の集い」に3日間参加する。
一流の職人さんが集う会、すごく緊張するし
プレッシャーもある、「紙漉上手にならなくちゃ」

ずっとずっと考えてる。
「どんな紙をめざすのか」

この先どうなるのかな?
ふっと力を抜いたら、今までしてきたことが
全部壊れそうな気がしてる。

あーーわからん。
でも、その後念願の能登半島・輪島へ
「まるやま組」に参加する。
きっとステキな発見がたくさんある。
また紙漉にたいして新しい思いをもてそう。

いってきます!!


コメント