谷公一さんを招いての<地方創生>

香美町の10年後を考える<総合計画>について
何度かいろんな町民を交えてミーティングが
昨年行われた。それを実行されていた
「香美町まちづくりビジョン検討議会」さんに
よる案内が若者コンを通じてきた。
会長は若者コン前座長の西村昌樹さんだ。

国の施策として行われていた今までの
地方への「バラマキ」とは違う
「実情にあった支援や政策を行う」
として閣議決定され、いち早く新しい
<地方創生>について谷公一さんを招いて
話を聞いたり、話しあったり、勉強する会が
催される。

2月7日(土)18:30〜 村岡中央公民館

正直に書く。
香美町に住民票を移して初めて年末、
選挙があった。
私は今の政府に、首相に自民党に
大きな疑問を持ち、どうしても
応援できない。
だけどここは村岡区でしかも射添地区。
谷さんの出身地だ。
選挙の応援は集落ごとに数名が国道9号線
沿いの事務所前などで朝から晩まで交代で
毎日手を振り続けていた。

はじめは耳を疑ったけど、本当に
どうしようもないことなんだ…と
毎日お腹が痛かった。
オリンピックに出場するのとわけが違う。
国を動かす行為だ。
もちろんほとんどの方が、この地域から
衆議院議員となった谷さんを尊敬し
本当に気持ちから応援してはると思う。
だけど、それはホントに今の日本を
今の政府を見てるんだろうか?
私は谷さんともお話したこともないし、
どのような方かもよくわかってない。
いろいろ知れば、みんなのように
谷さんを尊敬し応援できるように
なるかもしれない。

谷さん個人は応援できても、やっぱり
自民党を今の政府を見過ごすわけに行かない。

このタウンミーティングで谷さんのお話しを
直接聞けるのはすごいチャンスだと思う。
私自身「地域おこし協力隊」という国の制度で
こうやって仕事させてもらって、香美町に
住むことができる。
「地方創生」を国が謳うことで、多くの
人人が関心持つきっかけになることは
素晴らしいと思う。

ただ地方創生を考える上で、香美町・但馬の
ことだけでなく、沖縄の米軍基地問題、
京丹後の米軍レーザー基地、福島の原発を
始めとする全国の原発問題、地方でも
増加してる在日や帰化している海外からの
お嫁さんたち、貧困など様々な問題を
頭の隅に置きながら勉強し、話し合う
必要があるのではないか? と思う。

どこかの地域を犠牲にして、自分たちの
地域や多くの地域が良くなればいい、
と言うのは間違ってると思う。
「誰も犠牲にならない世界」というのは
不可能かもしれない。
だからといってそこへ向かうことをやめたくない。
考えるのをやめたくない。

違いを受け入れる。
考えるのをやめない。

今そこが欠けてるように思う。
あまり興味ない人たちとほんの少しでも
一緒に考えてみたい。






コメント