こどもを育てる・教育と勉強するということ

ワタシはこどもがいないから、現実として
「教育」についてわからないことが多いけど、
最近作業中によくiTunesのPodcastを聞いていて、
その中でも聖学院大学学長の姜尚中さんの
ラジオ番組「多士済々」は何度も聞いている。

姜さんのお仕事柄、大学のあり方、教育が多く、
自分事としては遠い事柄だけど、大変興味深く、
これからのこの国、この地方を考える中で
とても重要なことを話していると感じる。
法政大学総長・田中優子さん、
社会活動家・湯浅誠さん、
立教大学現代心理学部教授・香山リカさん、
ジャーナリスト・堤未果さん、
東京都現代美術館チーフキュレーター・
長谷川祐子さん などなど

https://itunes.apple.com/jp/podcast/people-jiang-shang-zhong-duo/id570606738?mt=2


もうひとつ「ラジオ版学問のすすめ」という番組も
興味深いゲストの話をじっくり聞くことができる。
解剖学者・養老孟司さん
青山学院大学教授・福岡伸一さん
ケニアで幼稚園を立ち上げた・市橋さらさん
などなど

https://itunes.apple.com/jp/podcast/rajio-ban-xue-wennosusume/id216964966?mt=2

すごくヒントになる話がいっぱい。
「教育」のことを思いながら作業してると、
ふとこの辺りの親御さんたち、どんなふうに
今の「教育」を考えてるんだろう、とよぎった。

こどもを大学に行かせたいけど、仕送り大変
とか、こどもたちもどんな大学に行きたいか、
いや、大学だけじゃなくこどもたちが
どんな勉強がしたいか、自分で選べるように
学校に任せっぱなしにせず、お家でも
何か工夫してるだとか・・・

それって高校生だけじゃなくて、もう
この地で生まれた時点で親御さんたちは
なんとなく考えているんじゃないかな。
学校ではこどもたちに「ふるさと教育」が
実践されているけど、親御さんたちの話の場、
不安・疑問質問の場が身近に必要なんじゃ
ないかと思う。
ぜひともこのポッドキャスト聞いて!
って思うけど、やっぱり何人かで集まったり、
実際に大学や学校の先生に「学校じゃない場所で」
話すことが大事じゃないかな。

どうしたらできるだろう。
長須でできるかな。

何のために学校に行き、
何のために勉強しているのか。
「企業就職=安定」が破綻してる現実をどう
親も子も考えているんだろう。

ワタシは受験の時に大学が決まらなくて、
その時たまたま読んだ「タマネギ畑で涙して」
というタイの農業の本を通じて多くのことを知った。
自分が作ったお弁当の野菜がどこで作られたの
かもわからず、大好きなエビはタイ産が多く、
そのエビたちは成長ホルモンがある目を針で破壊され、
無理やり大きくされて日本に大量に輸入されてる、
ということにぶつかって、泣きながらお弁当を食べ、
「タイに行って農業を中心に現状を知りたい」という
思いで安易にタイ学科がある大学を選んだ。
結局大学に行ったものの、自分の志が弱くて
大事な二十歳頃をもったいなく過ごし、
タイも農業も遠のいて、大学も辞めてしまった。

後悔、というわけじゃないけどあの時、
大学入る前に、もしくは大学辞めた時に、
「タイに行って直接に触れる」ことを
選べなかった自分のことを今でも考える。

そういう選択ができるコドモとそれを受け
入れられる大人が増えるときっとおもしろい。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

前にペンキ屋の松岡さんヤスコさんと
「教育」について、少しお話した。
かつてコドモたちが座ったであろう、地域の
人がつくった小さな小さな幼稚園の木の椅子。
処分されそうになっていたところを危機一髪、
幾つか救ったそうだ。

あの椅子から学べることはたくさんある。
あの椅子からでないと学べないことがある。

それを「素晴らしい」と言えるオトナが
身近にいることで、すでに「地域に対する、
モノを愛おしむ教育」だ。
いろんな生き方をするオトナたちが周りにいて、
それぞれが手本となりお金があってもなくても、
キレイでもキレイじゃなくても、一生懸命
楽しく生きている姿を見せるだけで十分な
「教育」なんじゃないか?

どれだけの多様性を胸を張って示して
あげられるかが、今必要なのかな。

コメント